2020.03.23 Monday 08:28

防音材納品について(2020年3月現在)

防音職人が発注している防音材の生産拠点工場の周辺地域において、新型ウィルス感染が発生しました。

*メーカー工場において感染が発生した場合は、生産を一時的に休止する場合があります。

 

今月(3月)納品分につきましては、すでに製品をメーカー事業所内に確保しましたので、予定通り出荷します。

 

また、4月上旬納品の製品についても緊急扱いで発注が完了しておりますが、これ以降の発注につきましては、その都度、状況に応じて個別に判断させていただきます。予めご了承下さい。

2020.03.23

防音職人ウェブマスター

----------------

【防音職人ウェブマスター:プロフィール】

私は25年以上前から「住宅および音楽防音室の防音設計」実務をしています。独立開業前は研究者として自宅マンションや知人宅を実験台にして色々な防音材の効果を試しました。

同時に次のページのフロー図に示すように、担当現場の検証や、専門学会・委員会研究者のリポート・実験データ報告書、遮音設計マニュアルなど文献をもとに研究してきました。

→防音検討のフロー図を参照して下さい:木造防音室のアプローチ

 

要するに私は防音設計の研究者であり、専門業者です。

現在使用している防音材のうち、ウェブサイトに記載している製品は25年以上前から使用している受注生産品です。大半が土木工学・機械設備・車産業の業界で開発されたものです。

*ここで言う「研究者」「専門家・専門業者」は防音の検討スキームが明確になっている技術者を指します。

 

私が防音設計を始めた25年前頃には、ネット上のキーワード検索で上位に出てくる防音材販売および音楽防音室施工業者の殆どが存在していませんでした。そもそも、「音響・防音設計」は大半がコンクリート・重量鉄骨構造の大規模音楽ホールや録音・練習スタジオの設計者ばかりであり、住宅や木造音楽室の防音設計が存在していませんでした。

 

ちなみに、現在、市場に出ている市販品は後発の防音材です。類似品ですが、性能は別物です。

もちろん、私は後発の専門業者や製品業界そのものを批判しているわけではないです。あくまで「誇大広告や間違った情報を発信している専門業者」を批判して警鐘を鳴らしているだけです。

 

問合せしたら、契約や製品注文を押し付けるような事は絶対にあり得ませんから、安心してご相談下さい。専門家として所見を述べたり、アドバイスするだけです。

  • - | - | - | - |

2020.02.19 Wednesday 14:22

遮音ゴムマット3ミリの価格改定(2020年)

緊急情報:2020.02.23現在

中国・東南アジア方面に加え、アメリカ方面の輸入材についても輸入制限や輸入材などへの影響懸念が高まりました。

遮音ゴムマットに限らず、一般建材も値上りしたり、品不足になる企業が発生する場合も想定されます。

なお、防音職人および提携先は、国産材の使用率が他業者に比べて高いため、工事費用への影響は最小限に食い止めます。

ですが、職人や建築士への感染が発生した場合は営業を一時的に停止する見込みです。

 

また、遮音ゴムマットの多量発注が確定する場合は、3月・4月における現場納品を大幅に制限する予定です。

同時に4月からの価格改定が決定しましたが、値上げ幅については確定次第、当ブログにおいて公表いたします。

*想定外の生産休止の場合は、ご予約はキャンセルさせていただく場合がありますので、ご容赦ください。

確定情報はもうしばらく、お待ちください。

 

--------------------

現在の防音材取引先(メーカー)は、すべて代理店を経由しない直接取引です。

このうち2社は25年以上の付き合い、大手1社は8年以上の取引実績があります。ですが、初めての建築会社や個人ユーザーへの直接取引は原則として出来ないと返事がありました。

最近、見積り依頼だけで返事がないケースが多発して、メーカーの方も慎重になっています。これらメーカーの製品はすべて受注生産の専門的な現場用資材です。市販品ではありません。

 

ちなみに、上記メーカーの製品を一部他の業者が通販サイトで販売していますが、現在、防音職人の表示価格の1.5倍から2倍以上の価格で納品しているようです。これらの通販サイトは15年前には存在しなかったのですが、最近、宣伝に力を入れています。

 

防音材に関するお問合せは次の問い合わせフォームから、ご連絡下さい。※匿名のお問合せには返信できません。

問い合わせフォーム

 

--------------

遮音ゴムマットの原材料を国産材100%に切り替えるため、2020年4月より値上がりすることが決まりました。

*樹脂の一部を国外から輸入していたメーカー工場が諸事情により原材料を国産材にすべて切り替えるようです。

 

遮音ゴムマット3ミリ(910×910)の価格改定は金額など詳細が決まり次第、この記事に続報として追記する予定です。

なお、3月までに納品する現場については値上げしない方針です。

2020.02.19

防音職人ウェブマスター(防音設計担当)

  • - | - | - | - |

2020.01.25 Saturday 11:18

防音材の配送及び単価の件

【追記:2020.01.31現在】

防音職人の防音材は全て配送車からの車上渡し(車上から荷受人が受け取る)です。受取を配送ドライバーに手伝わせると特別料金を請求されます。チャーター便以外は、すべて路線便(混載便)なので時間帯指定は出来ません。

防音材の価格は税込み表示です。送料は別途見積ります。

*遮音ゴムマット3ミリは910×910サイズ(1枚約5kg)の製品のほうが単価が少し安くなります。

-------------

ホームサイトにも明記している様に、防音材は時間帯指定は出来ませんので、朝から夕方まで待機できる日をご指定下さい。

*日曜・祝日、大型連休及び谷間、年末年始は納品はできません。

*配送状況の追跡は、平日の9時から17時までしか出来ませんのでご了承ください。これ以外の時間帯は担当者が不在です。

 

建築会社が荷受けされる場合は、最寄の西濃運輸の営業所留めが可能です。

*遮音ゴムマット3ミリ、アスファルト遮音シート2.4ミリ、制振アスファルトマット4ミリについて可能です。

 

出来るだけ送料を抑えるため路線便(混載便)で配送するため、到着時刻の調整が出来ませんので、配送ドライバーから電話連絡があった場合のみ、個別にドライバーと相談してください。

 

防音職人は防音材納品が専業ではないため、スムーズな荷受けにご協力ください。単価は他の専門業者に比べて抑えていますのでご理解いただきたいと思います。

無理なご要望をされる注文者は再度の納品をお断りする場合があります。

 

なお、ウェブサイトに記載されている防音材単価は、2020年3月以降に改定される場合がありますので、ご了承ください。

2020.01.25

防音職人ウェブマスター

  • - | - | - | - |

2019.12.28 Saturday 10:18

遮音ゴムマットの仕入れ価格の件

ついに、遮音ゴムマット3ミリの仕入れ価格が税込みで68円値上がりしました。

 

暫定的ですが、今年(2019年)ご契約いただいた現場への納品は、送料が変更されない限り、ご契約時の見積り通りの金額で実施する予定です。※該当する現場が来年(2020年)4件あります。

 

一応、来年1月時点での受注状況を考慮して、価格改訂などを検討しますが、未定です。

少なくとも、2020年1月中に納品する遮音ゴムマットについては価格を据え置きます。

2019.12.28

  • - | - | - | - |

2019.09.24 Tuesday 14:36

防音材の納品及び価格改訂の件(2019年)

【追記:2019.09.26】−お知らせ

昨日(9月25日)までのお問合せの返信は完了しています。返事が届かない人は、「迷惑フォルダー」に入っていないかご確認ください。断続的に席を離れることがありますが、お電話でも対応いたします。(日曜・祝日・月曜は定休)

 

--------------

今月の時点で各社メーカーから価格改訂の通知は来ていませんので、10月からの価格は消費税の差額分2%だけ値上げとなります。

ですが、しばらくの間は、暫定的に防音材の単価は改訂しません。

 

送料だけ消費税に応じた費用が必要ですが、これ以外の経費は、しばらく値上げしないことにしました。

 

また、防音材は日曜・祝日配送及び時間帯指定はできませんので、休日配送や時間帯指定をご希望の方には納品はできません。

*通販サイトや他社に関しても同様の扱いのはずです。

*契約者および東京都内のかたは納品後の御支払で結構ですが、それ以外のかたは代金前払いになります。

*過去に問題を起こした注文者の再度の納品はお断りします。

 

納品希望日やご入金を急に変更されるなど、無理なご要望にはお応えできませんので、予めご了承ください。

 

なお、注文量が多い場合は、単価を少し値引くことが出来る場合がありますので、ご相談ください。

*関東及び北陸・信州・中部の地域では、会社納品の場合はメーカーと相談の上、送料を値引くことが出来る場合があります。

2019.09.24

防音職人ウェブマスター(運営統括責任者:防音設計・コンサルティング担当)

  • - | - | - | - |

2019.09.14 Saturday 13:35

防音材納品とDIYアドバイスの件(2019年)

【追記:2019.09.17現在】

ウェブサイトに記載している防音材の単価は税込み価格です。

送料は、その都度、別途メーカーに確認のうえ御見積りします。※送料は10月1日より変更になります。

防音材ページ

-----------

今まで防音材の納品と使い方のアドバイスを個人向けサービスとして行ってきましたが、今後は内容に応じて可否を判断させていただきたいと思います。

 

防音材単独の納品はサービスで出来る限り、他の専門業者に比べて廉価で供給できるように努力してきましたが、諸事情により難しくなってきました。

 

アドバイスは無料で行ってきましたが、防音材納品は専業ではないため、時間帯指定や日時指定には対応できない場合があります。

*納品日は余裕を持ってお知らせください。

 

なお、10月1日以降の防音材単価の値上げは、しばらく見送ることにしましたが、新しい消費税率が送料など諸経費に適用されますので、その分の差額が発生します。

*単価の値上げを行う場合は、その都度、当ブログでお知らせします。

  • - | - | - | - |

2019.08.16 Friday 13:18

防音材の納品・見積りについて(2019年)

【追記:2019.08.20現在】

当ブログで予告していましたが、9月中の納品が現時点で4件(契約案件)出てきました。いずれも多量の注文のため、この4件が最優先となります。防音材のご注文は早目にご相談ください。

*メーカーの生産能力を超える場合は、9月中の納品を保証できない場合があります。

 

-----------------

再掲を含めてお知らせします。

防音材はすべて配送車から直接受取る「車上渡し」ですので、重い製品は必ず納品量に応じて台車と荷受人員をご用意ください

*原則として、東京都内または契約案件以外は、代金前払いになりますが、事前にご相談ください。

 

また、防音材の納品は日曜・祝日および連休の谷間、年末年始はお休みしますので、事前に御問い合わせ下さい。

*メーカーに納品可能日・送料を確認しますので、少しお時間をいただきます。

 

一部の製品は2019年9月より価格改訂を先行して実施しますが、ご注文量に応じて差額をサービスできる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

*契約案件は見積書の有効期限をご確認ください。

*9月下旬は駆け込み注文によって、ご希望の納品が間に合わない場合がありますので、ご注意ください。

 

なお、注文数や概要は製品ページに記載していますので必ずご確認ください。

防音材ページ

 

送料の御見積りは、8月19日より再開します。

2019.08.16

  • - | - | - | - |

2019.07.19 Friday 15:42

制振フェルト(麻フェルト厚さ5ミリ)を値引きします

制振フェルト120(麻フェルト5ミリ:ポリエチレン繊維と麻リネンの混合品、910×910)を値引き販売します。

*販売価格:1100円/枚→900円/枚 ※送料は別途見積ります。

*2019年7月19日現在の在庫:163枚

 

この製品は材料費など経費の高騰で生産を終了する予定です。防音室の下地絶縁やDIY防音に使用していますが、手動タッカーで簡単に壁のボードに張ることができるので使いやすいです。

*床と壁に使用します。

 

防音職人の仕事場にお出でになれる相談者には、特別に手書きで説明図をお渡しできます。

 

なお、上記の製品は2019年10月1日より送料が値上がりしますのご留意ください。

  • - | - | - | - |

2019.07.05 Friday 09:09

防音材価格改訂の動き

追記:お知らせ

防音職人の防音材は、現場資材と同様に、配送車から直接受取るかたちの荷受になりますので、台車と運ぶ人をご用意ください。

とくにマンションは問題となります。

*これ以外の方法での荷受は、各配送会社ともに対応できません。

なお、消費税10%が適用されるのは10月1日からですが、防音材価格はメーカーが値上げしない限り、防音職人では送料のみ差額が発生することになります。

最新情報が入り次第、随時、このブログでお知らせします。

2019.07.08現在

 

---------------

消費税10%が確定したことを受けて、防音材メーカーは価格改訂を始めたようです。

 

私には取引先からの正式な連絡は来ていませんが、余計な事を言われる前に、納品日が決まっている現場には発注しました。

 

状況からすると、市販品を含めて問屋への仕入れ価格がすでに値上がりした製品が出てきたようで、防音ドアD-40など昨年よりも高騰しています。

 

これは9月になると、納品が間に合わない件も出て来るような気がします。消費税5%・8%のときは駆け込みで大変でした。

*製品価格が10%〜15%も上がり、これはどういうことなのかと驚きました。

*諸経費値上がり分を製品価格に載せているのだと思います。

 

防音工事を予定されている人は、早目にご予約をされたほうが良さそうです。もちろん防音職人が取引している製品は値上げしないように努力します。

価格改訂が早く決まった場合は、当ブログでお知らせします。

2019.07.05現在

  • - | - | - | - |

2019.06.25 Tuesday 09:28

防音材の値上げ傾向について

現時点では消費税が10%になることが、ほぼ決定したと見てよいと思います。

 

今までの消費税見直しの前後において、防音材料は価格改訂されてきました。

最近では、資材送料の業界全体での値上げにより、諸経費が高騰し、既製品の防音材が値上がりしました。

*リサイクルゴムチップを使用していない遮音ゴムマット(主な成分は樹脂・塩ビ)、ロックウールなど吸音材が値上がりしました。

*一方で、PETウールなどリサイクル製品の値上げ幅は小さく、価格は安定しています。

 

要するに輸送コストと原材料の含有率などによって、生産コストに大きく左右される製品の値上げ幅が大きいようです。

 

防音職人が使用している製品は、比較的リサイクル素材が多い一方で、遮音マットおよびアスファルト遮音材は高品質ながら価格を抑えてきました。それは大手のメーカーが比較的良心的で価格を気にしているからです。

*これらのメーカーは価格が高騰すると一挙に消費が低下することを考慮しています。

 

今後もこの傾向は変わらないと見ています。消費税アップになれば受注生産品・既製品の防音材は値上がりすると思います。

ただし、上記の理由で値上げ幅はバラツキがあります。これに便乗して定価を吊り上げている通販業者がいます。

*私の取扱い製品(受注生産品)と同じものを、1.5倍から2倍の価格でウェブサイトに表示しています。

*こういう業者が良質な製品価格に悪影響を与えると思います。知らないで購入したユーザーが業界不信になるからです。

 

類似品に対するご質問は、問合せページよりお寄せください。分かる範囲で回答いたします。

防音材ページ

 

なお、防音職人では2019年8月までは価格保証いたします。9月はメーカー価格改訂が起きやすい時期のため未定ですが、駆け込み需要が高まると、受注生産品が9月中に納品できない場合がありますので、出来る限り8月中にご予約ください。

  • - | - | - | - |

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.