2013.10.10 Thursday 08:26

防音材の仕入れと系列企業の壁

私のような自営業や零細業者の弱点が資材の仕入れ価格です。建築や建材業界は閉鎖的であり、取引実績のない自営業や零細業者には冷たく、取引価格の値引き率も低いです。

私の場合は、会社勤め時代に、自宅マンションの防音工事をするため、直接取引をしてくれるメーカーを探しました。それが現在の取引先です。幸運にも担当者が支店長、課長以上のポジションにいたため、決裁権を持ち、即断してくれました。私の支払いは非常に早く、それが信用につながり、独立開業した時点でも、取引は継続できました。

しかし、約10年が経過し、前任者は転職し、取引がだんだんと疎遠になり始めました。要するに人との付き合い、信頼で取引していたと言えるでしょう。これは通常は私のような自営業が大手問屋を経由せずに取引することが難しいため、門前払いをくらわす企業が多いのです。特に系列以外の業者には取引自体に応じてくれません。

今までの経験では、良い製品を持っている企業ほど、取引に理解を示してくれ、こちらの防音設計手法を有望だと考えてくれたため、将来、売上が伸びるだろうと期待をもって取引に応じてくれることがあるのです。

その後、大手メーカーの製品の品質は費用対効果という観点ではレベルダウンし、割高になりました。むしろ中小メーカーのほうが昔からの品質を保ち続けることを重視し、商いを続けています。
最近、あるメーカーを説得して、取引の窓口を、東京営業所経由で開いてもらいました。メールと電話、防音職人のウェブサイトの実績を提示し、信用してもらったのです。

全体的に、中小メーカーは経営が苦しく、大手メーカーの製品値上げに続いて、値上げを検討している状況です。そこで自衛手段として、中間の問屋を経由しないで取引してもらえる専門業者を探しているのです。
これが私の当面の課題となっています。たとえば、防音室や天井防音などに必要な「制振材(振動音を抑える防音材)」ですが、やっと3種類ほど確保しました。4つ目の製品を現在、交渉中です。
*現場の状況に応じて使い分けることができるように、選択肢や価格低減を有利にするため工夫しているのです。

来年の消費税率のアップは、自営業、中小企業だけでなく、依頼するユーザーにもコスト的に直撃します。
政府は、中小事業者などの苦労など考えずに値上げの引き金を引くのです。生活防衛、経費削減の工夫に頭を悩ませることが、防音対策の課題になるとは不幸なことです。良い対策には良い資材が必要ですから、技術的な開発と適正価格は重要です。
  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.