2013.11.18 Monday 18:09

マンション防音工事を受ける業者が少ない

相談者からマンションの防音工事を受けてくれる業者が少ないと聞きました。

実際、そうだと思います。とくに生活防音の対策・工事ができる専門業者の数そのものが少ないうえに、工事などに制約が多く、採算性が悪いため、手を挙げる業者が少ないのです。

 

 手間がかかるうえに、防音材のコストがかさむという理由がひとつ。それから、防音設計そのものを自社でできない業者が多く、これを外注するためです。

防音職人では、設計から工事まですべて直轄ですが、経費率が高いため、ほかの業者と同様に、採算性が厳しく、工期や準備期間が長いため、最近では、木造住宅や防音室の現場に重点を置いています。

*木造家屋はマンションに比べて制約が少なく、準備期間が短いため、継続してスケジュールを調整でき、件数を多くこなすことができます。

*年間でみると、木造家屋のほうがたくさん仕事ができるという状況です。

 

 また、マンションは土曜・日曜および祝祭日に工事ができないだけでなく、9:00〜17:00頃までしか工事作業ができないという事情があります。

*木造だったら、8:30〜18:00までは可能です。しかも土曜日も工事できます。

 クロスや塗装工事でしたら祝祭日でもできます。

 

これに追い打ちをかけるように防音材が値上がりしていますので、見積り調整も苦しいのです。良心的に検討すればするほど、採算は低くなります。

 

利益を追求する企業は、大半が防音室関係の受注を重視します。それは、どこの業者も生活防音の工事に比べて単価が高いので、見積り自体が成立しやすいのです。いまや、防音職人のような経費節約型の見積りをする専門業者は少数派です。

  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.