2014.09.01 Monday 15:02

ホームページ業者の件

先週、あるホームページ作成業者から電話営業があり、「御社の集客効果を高めるためのホームページ改造、SEO対策をしませんか」ということを早口でしゃべっていたと思います。
私は「集客って?なにを具体的にターゲットとしているのか君にわかるのか?防音設計とは何かが分からない君に何が提案できるのか、言ってみろ。」と答えました。結局、何も具体的な提案の見込みもなく、ただキーワード検索とかSEOが・・・とか、会社の上司に指示されたセリフを、ただ流しているだけの、つまらない営業でした。
おまけに、ご希望をヒアリングさせていただきたいと言い出したので、当該ページの中身も見えないような輩に用はないと、電話を切りました(笑)。

この業者には、ホームページにとって、事業者にとって何が重要なのかが見えていないのです。だから何も説得力がない。いまどき電話営業だけで、仕事をもらえると思っているところが、10年以上前の古い営業だと思います。
それにまったく、業界の需要や仕事の内容を理解していないので、提案書すらできないと思います。

零細な事業者が何を外注したいかを調査して、まず需要動向を把握するところから始めないと、マッチした提案はできないだろうと、営業マンに電話口で返答したのだが、彼には理解できないようだった。
自営業でも業種によって、まったく要求する外注作業も異なり、ホームページへのリクエストも違う。この点を無視して、金太郎飴のようなセリフを流しても、効果はない。
仕事の問合せをホームページ経由で獲得するだけでも大変なことであり、閲覧者にいかにして信頼していただけるかが重要なポイントであり、そのためには何が必要なのかが提案できなければ意味がないのです。
  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.