2017.01.21 Saturday 07:52

木造住宅の生活防音「特設ページ」作成中

住宅の防音相談で切実なのが「戸外騒音からの生活防音」「自営業としてのピアノ教室防音対策」です。

 

相談の多くが予算的な問題や室内の狭さ・建具類の制約で「天井も壁も薄い防音構造」でないと成立しないという課題です。

もちろん、見栄えを気にしなければ日曜大工レベルでもやれる防音施工は結構あります。

 

しかし、生活の拠点であるリビングのインテリアを重視するのは当然であり、気分よく音楽を楽しみたいという室内の仕上げは軽視できません。

 

そこで、特設ページを立ち上げて、可能な薄い防音構造と普通の内装仕上げについて、分かりやすくPRしたいと考えました。

出来上がり次第、当ブログなどでお知らせする予定です。

 

以下、キーワードです。

・厚さ約20ミリの壁施工で音を5割から6割カット(体感):概ね15dB低減(窓面に換算すると内窓を付けたのと同等の効果)

・厚さ約33ミリの壁施工で音を6割以上から7割カット(体感):概ね20〜23dB低減

・PB、合板など一般建材の活用、クロス仕上げ

・2種類の遮音材によって、PBの苦手な周波数帯をカバーし遮音の相乗効果を出す

・限られた空間を最大限に活かす薄い防音構造

 

以上が、企画書の概要です。これは担当現場の実例を検証した内容です。構想ではなく実績ベースです。

楽器防音室と居室の生活防音では多少ボードの表層材や遮音材の構成が異なります。

でも施工の厚さは同じに出来ます。

ご予算に応じて補正できます。

  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.