2018.02.11 Sunday 07:55

防音室の業界はなぜ分厚い構造を止めないのか

先日の相談者にも質問されたので、「なぜ防音室の専門業者は、厚さ20センチ以上の防音構造を止めないのか」という理由を説明しました。

 

D-50程度の遮音性能の木造防音室つくる場合

・石膏ボード、垂木、グラスウール、遮音シートなどを重ねて厚さ20センチ以上の構造を構築。どこの業者でも施工できる単純な仕組み。代理店方式に都合が良い。

・高額な防音室において利益率が高い。

・床の防振対策には防振ゴム(駒のような部品)とパーティクルボード、石膏ボードを重ねる構造で特別な技術が要らない。(問題は費用対効果と耐久性)

などが考えられる。

 

加えて

・35年以上前の遮音設計マニュアルと石膏ボードとグラスウールだらけの構造は、最も原始的な設計である。専門業者が実は木造の特長も知らないで、新しい技術も持っていない。

・木造1階の床を解体して、コンクリートを増し打ちして、遮音ゴムとボードを敷くだけの施工を行うところを見ると、木造の寿命や音響の事を軽視している。

・薄い音響及び防音設計のほうが難易度も高く、利益率も低い。(専門的な資材が必要なためコストは安くはない)

・薄い防音構造を構築するには施工技術と施工要領が必要。

などの理由が考えられます。

 

一般的な木造住宅で約6帖から10帖程度の居室に、厚さ20センチ程度の防音構造を天井・壁・床に造れば、部屋は相当狭くなるでしょう。それは音楽室とは呼べないものだと私は思います。それは遮音性能が大したことないシェルターですね。

  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.