2020.07.25 Saturday 08:56

木造防音のメッセージ

木造住宅の生活防音や木造防音室(ピアノなど楽器、オーディオ・シアター室)の新築やリフォーム工事において、次のような設計仕様を提示されたらご再考ください。

 

・石膏ボード二重張り→コインシデンスなど弱点は解消されない

・遮音シート、遮音パネル張り→遮音効果が出ない又はつなぎ目から音漏れする

・ALCパネル工法→つなぎ目から音漏れする、共振しやすく固体音を伝えやすい

・発泡材による高気密高断熱工法→吸音性が小さく、防音効果は伸びない

 

以上の設計仕様・工法は費用対効果は低く、逆効果になる場合があります。このような提案を行う建築士や建築会社は、木造防音に関して素人ですので、ご注意ください。

 

近年、同様な事例の相談をお受けしていますが、契約される前に、別の専門家にセカンドオピニオンとして相談されるか、別の専門業者を探したほうが無難です。

新築の場合は別途「防音設計書と施工要領」および「専門的な防音材」を用意して新築業者に施工を依頼する方法も可能です。

*専門業者と契約する前なら費用が無駄になることはありません。

*提案書の詳細は必ずご確認ください。

 

防音設計の基本や豆知識は次のページをご覧ください。

防音設計の常識

木造防音の基本

隙間の防音対策と高気密高断熱

 

木造軸組在来工法の特徴や利点は次のページをご参照ください。

木造在来工法のピアノ室・住宅防音

  • - | - | - | - |

 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・音楽関係
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.