2010.07.22 Thursday 08:38

難問案件(天井・GL防音)が大成功

 先週完了しましたマンションの防音工事ですが、昨夜ご報告がありました。

「早速効果が出まして、熱帯夜にも拘わらず久しぶりに
快適な睡眠を得ることができました。」
との嬉しいご報告です。

 詳細は、ウェブサイトで写真付きで掲載する予定です。

 この案件は、騒音レベルから見て昨年から現在までの中で、ベストスリーに入る難問でした。
*昨年、超低周波騒音の現場に真正面から取り組み、ある程度の効果を得たものの、過敏な状態になった依頼者を十分に満足させるまでには至りませんでした。
*そこで、従来の仕様に検討を重ね、今年に入り、新しい仕様を強化しました。

*十分には助けられなかった依頼者の顔が浮かび、睡眠障害になるほど、研究を重ねました。(依頼者からは御礼の言葉はいただいています。それだけでは、私自身が満足できませんでした。)

 通常のマンションでも生活騒音ならば半減以上の効果を出せるように、研究と測定を積み重ね、今年に入ってからの案件は相当優秀な費用対効果を実現できています。
*コンパクトで、実現可能な費用で防音工事を可能にしました。

 部屋を大幅に狭くして、費用が嵩んだのでは、実現性が乏しいです。余り気にならない程度の天井の下げ方、壁の厚さなど、生活に影響のない範囲で、最大の防音効果を、適正なコストで追求するのが私の目的です。

 今回の現場では、騒音が気にならないほど、かすかに聴こえる程度のレベルまで小さくなったようです。
*提携建築士も、取引先のメーカーも非常に欲しがるデータとなるでしょう。

2010.07.08 Thursday 22:03

マンション二重天井の防音効果続報

  先日のマンション上階の騒音対策における二重天井の防音効果の続報です。

 本日、依頼者より、ここ1ヶ月間の騒音状況の報告がありました。

「1ヶ月ほど、様子を見てみましたが
防音工事の効果は絶大のようです。

子供の走り回る音は、かなり遠くから聞こえる感じで
全くストレスを感じなくなりました。

上階の床に、大きな衝撃音が響いた音も
外の騒音と区別がつかないくらいになりました。」

 このように天井スラブから仕上げを含めて160ミリという条件での防音効果としては、非常に優秀な結果となりました。

 今後の対策に大きな前進となるものであり、天井騒音で悩んでいるかたに光となる事例です。
*提携先にも設計ノウハウを伝えていますので、同様な施工が提携先においても可能となりました。
*私が基本設計を担えば、連携して少しでも多くの人を助けることにつながります。

 ただし、施工担当が日帰りで通うことが出来るエリアまでという条件です。
*東京および神奈川・埼玉・千葉が対応エリアとなります。

 なるべく早く、詳しい分析結果を掲載して事例ページを作る予定です。
*新しい設計仕様が成功したわけです。

2010.06.26 Saturday 18:26

画期的な二重天井の防音成功



先月完了した現場の二重天井の防音成果が測定データとして検証できました。
*F特性での測定ですので、建築学会基準よりも厳しく、音エネルギー量の正味のレベルです。

低音域の騒音レベルが大きな悪条件の現場です。

 通常、天井騒音は125Hz以下の音は10dB以上遮断することは不可能と業界では言われています。

 私の防音設計では、その常識を超えました。最も難しい音域の騒音を17〜20dBカットしたわけですから、ほぼベストに近い対策です。
*天井スラブから仕上げまで160ミリという制約の中での成功ですから大きな意味があります。

 上階の生活が子供が小走りする程度ならば問題は解決です。
*ようやく新しい設計仕様が検証できました。

<<new | 2 / 2pages | old>>
 
防音室・生活防音関連
CATEGORY
防音・知人のページ
CALENDAR
NEW ENTRY
COMMENT
PROFILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.